読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳 Brain, No Life(仮)

とあるニューロベンチャー企業の研究員のつぶやきを記録するブログ

報酬系(9)

前のエントリーでは、wantingとlikingが異なること、従来から報酬系と呼ばれていたシステムはwantingに関連していると考えられることについて述べました。

 

Wantingとlikingの違いについて人間の観点から考えてみましょう。

 

重度の向精神薬中毒患者は、向精神薬を強く欲するようになります。

渇望(craving)と呼ばれるほどに強く向精神薬を欲するのです。

しかし、向精神薬(のもたらす快感)を好んでいるのでしょうか?

 

向精神薬使用の初期のころは、薬のもたらす快感を強く感じるようです。しかし、やがて快感は薄れ、禁断症状から逃れたいがために麻薬を使うようになります。つまりlikingは減ってしまい、もう快感は得られないにもかかわらず、wantingに突き動かされて向精神薬を欲し、使用してしまうのです。

 

このような事例からもwantingとlikingの乖離が見て取れます。