読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳 Brain, No Life(仮)

とあるニューロベンチャー企業の研究員のつぶやきを記録するブログ

チンパンジーに最終提案ゲームをプレイしてもらうと・・・(3)

さて、最終提案ゲームをチンパンジーにプレイしてもらうための環境が構築できました。

チンパンジーは実際にどのようなふるまいを見せてくれたのでしょうか?

 

このゲームの実験の結果は下記の表の通りでした。

 

 

f:id:Takayasu_Sekine:20151117183125p:plain

 

 

代替案が5/5(=両者均等に分ける)のときは、提案者は75%は8/2(=自分が8単位、相手が2単位)の提案をし、応答者はそのうちわずか5%を拒否しました。

 

代替案が2/8(=応答者にとって非常に有利な提案)のときは、提案者は87%は8/2の提案を選び、応答者はわずか7%を拒否しました。

 

代替案が10/0(=提案者が独り占め)のときは、提案者は46%は10/0を提案しました。このとき、応答者の拒絶率は44%に跳ね上がりました(56%は相手を許した、とも言えるでしょう)。

 

 

総じて、チンパンジーは、エサがまったくもらえない結果よりも、不公平ではあっても、エサが少しでももらえる状況を選択した、といえるでしょう。

 

この結果にもとづき、論文の著者たちは、チンパンジーはゲーム理論が予想するような合理的な利得最大化を行うプレイヤーであると解釈できる(チンパンジーはrational maximizerである)、と結論づけています。

 

 

 

参考文献:

Jensen, K., Call, J., & Tomasello, M. (2007). Chimpanzees are rational maximizers in an ultimatum game. science, 318(5847), 107-109.