読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳 Brain, No Life(仮)

とあるニューロベンチャー企業の研究員のつぶやきを記録するブログ

快/不快の香りに関する脳活動

 

心地よい(pleasantな)香りと、不快な(unpleasantな)香りに関する情報処理は脳のどの部位で行われているのでしょうか?Rollsらは、快の香り3種類、不快の香り3種類を用意し、fMRIの中に入っている参加者に嗅がせました。

 

快の香りはlinalyl acetate(花の甘い香り)、geranyl acetate(花の香り)、alpha-ionone(木の香り)。そして不快な香りは、hexanoic acid,、octanolと isovaleric acidでした。

 

快の香りに対しては、内側眼窩前頭皮質と前部帯状皮質が、

不快な香りに対しては、左の外側眼窩前頭皮質と前部帯状皮質が、

それぞれ活動していました。

 

実験では、快に関する主観評定もとっているのですが、

medio-rostral orbitofrontalの領域の活動は、快のレーティングと正の相関を示し、左の外側眼窩前頭皮質の領域の活動は、快のレーティングと負の相関を示していました。

 

快・不快の香りに対して、脳の活動としては上記のような分離が観察されるようです。

 

参考文献:

Rolls, E. T., Kringelbach, M. L., & De Araujo, I. E. (2003). Different representations of pleasant and unpleasant odours in the human brain. European Journal of Neuroscience, 18(3), 695-703.