読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳 Brain, No Life(仮)

とあるニューロベンチャー企業の研究員のつぶやきを記録するブログ

Heider and Simmelの実験で使われた映像

 

今日は5:20に起きたのですが、この時間まで起きている上に明日も明け方に起きねばならず、ロングスリーパー派の自分としてはかなりつらいです。もはやゾンビシステムだけが独立して半分無意識で活動しています。そんなわけで、なんの脈絡もなく恐縮ですが今回はHeder and Simmelの有名な実験の動画のリンクを紹介します。

 

丸やら三角やら四角やらが動いているだけなのに、私たち人間はそこに明瞭な「意図」を見出します。不思議ですね。ネコやカラスに見せたらどんな反応を示すのか、どう感じるのか気になるところです。他の動物の言語が話せたら面白いのに、と思いますね。

 

というか、Heider and Simmelは1944年の実験だったのですね。もう70年前ですね。

 

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=n9TWwG4SFWQ

 

参考文献:

An Experimental Study of Apparent Behavior
Fritz Heider and Marianne Simmel
The American Journal of Psychology
Vol. 57, No. 2 (Apr., 1944), pp. 243-259
(article consists of 17 pages)
Published by: University of Illinois Press
Stable URL: http://www.jstor.org/stable/1416950