読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳 Brain, No Life(仮)

とあるニューロベンチャー企業の研究員のつぶやきを記録するブログ

眼瞼ミオキミア

以前のエントリーに、「右目にチックが出て止まらない」と書いたのですが、ようやく昨日、3週間以上悩まされたチックが出ずに済みました。(これまではチックが出ても数日でおさまっていたので、こんなにも続いたのは初めてで、それなりに困っていた(困惑していた)のでした。)

 

それとは関係なく、まったく別件で目のことを調べていたら、「眼瞼(がんけん)ミオキミア」という用語にたどり着きました。

これは(おもに)下瞼(したまぶた)がピクピクする症状のことで、ストレスなどで起こるとのこと。普通は数日から数週間で治まるらしいです。

 

「おー、これだ!」と思っていくつか記事を読んでみたのですが、ストレス、睡眠不足、眼精疲労などが原因として考えられるが、そのメカニズムはまだよくわかっていないとのこと。

 

WEB上の記事の中には、栄養不足が原因だ、と書いてあるものもありました。

 

なんでも「疲労回復や、ストレス物質の分解のために栄養素が使われてしまう」ために、目の周りに栄養素が行き渡らなくなってしまう…のだとか。

 

(眼瞼ミオキミアって、そんなに局所的なレベルで起きているんでしょうか?神経系の問題ではなく、筋肉そのものが痙攣しているということ??)

 

ちなみに、その記事には「タンパク質、ビタミンA、ビタミンB1、B2、ビタミンE」を積極的に摂るべし、という主旨のことが書いてありました。

 

それを読んで、一昨々日(さきおととい)の夜に、紙パックで売られていたタンパク質入りの栄養ドリンク(名称は失念)を飲んだことを思い出しました。

 

まあ、一日空いているので関係はないのでしょうが。

 

 

参考URL:

知っトク ナビたん「まぶたの痙攣 その目の疲れの原因は「栄養不足」でした。」

http://01.shittoku-navi.jp/?p=1505