読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳 Brain, No Life(仮)

とあるニューロベンチャー企業の研究員のつぶやきを記録するブログ

tDCSは安全か?

(11/6のエントリーをアップロードし忘れていましたので、

2エントリー続けて公開いたします。失礼いたしました)

 

さて、さまざまな効果の期待されるtDCSですが、果たして使用上の安全性は十分に担保されているのでしょうか?頭皮上に電流を流すことで、やけどを起こしたり、てんかんやひきつけを起こしたりといった有害事象が起こる危険性はないのでしょうか?

 

臨床神経生理学会 脳刺激法に関する委員会の報告によれば、

欧米での報告を踏まえて「20 mA 以下の電流で,20 分またはそれより短い時間の刺激を行う範囲では,重篤な問題は起こら」ず、

「1‒2 mA 程度の電流であれば大きな問題はない」が、

「5 mAの電流を用いる場合には,電極下での火傷が起こりうるので注意が必要である」とし、

「おおむね 3 mA 以内で 30 分よ り短い刺激ならば,ほぼ問題ないと現時点では考えて よいであろう。ただし,どんな場合でも不測の事態に 備えて準備をして刺激を施行すべきであろう」と結論づけています。

 

(自作、既成品を問わず)信頼できる装置を使って、弱い電流で短時間試してみて、やけどやかゆみ・痛みなどを引き起こさないかを十分見極めて使う必要がありそうです。

 

脳機能に対する副作用については、今後の研究で明らかになっていくものと考えられます。

 

 

 

参考文献:

臨床神経生理学会 脳刺激法に関する委員会、委員会報告「経頭蓋直流電気刺激(transcranial direct current stimulation, tDCS)の安全性について」、臨床神経生理学 39(1):59―60,2011

 

Furubayashi, T., Terao, Y., Arai, N., Okabe, S., Mochizuki, H., Hanajima, R., ... & Ugawa, Y. (2008). Short and long duration transcranial direct current stimulation (tDCS) over the human hand motor area. Experimental brain research, 185(2), 279-286.